ソフトバンク4GとWiMAX、wifi、固定回線の違いは?

ソフトバンク4GとWiMAX、wifi、固定回線の違いは?

ソフトバンク4Gwifiと固定インターネット回線の違い

 

ソフトバンク4Gと通常の固定のインターネット回線との違いは、ソフトバンク4Gの契約にはプロバイダ契約が必要ありません。

 

通常の固定のインターネット回線を契約する場合には、インターネット回線はインターネット回線、そしてISPとも言いますが、プロバイダの契約がセットになっていることが多いです。

 

プロバイダは主にインターネット上への入り口を作る役割をしているのですが、ソフトバンク4Gに限らずwifiはその入り口を持たずともネット通信が出来てしまいます。

 

ですから、固定インターネット回線に比べると毎月の料金や最初に支払う契約料・工事費(wifiの場合は工事の必要がないため工事費はかかりません)などが安く済みます。

 

ただし、プロバイダを通さないため固有のメールアドレス取得は出来ませんので、フリーメールアドレスを使用するかメールの契約だけプロバイダに頼む必要があります。

 

また、セキュリティの面も違います。
固定インターネット回線を引くと、通信業者によりますがパソコン用のセキュリティソフトがついてくることがあります。

 

しかし、wifiにはこのようなセキュリティソフトはついてきません。
自分でソフトを入れるか、プロバイダ契約時にオプションとしてつけるという方法を取ることになります。

 

モバイルwifiとWiMAXの違いを知っていますか

似たような言葉ではありますが仕組みは違います。

 

wifiとはワイファイ・アライアンスという団体が付けたブランド名です。

 

それが世の中に普及されてwifiの規格に対応した他メーカーの無線LAN機器が登場しました。
そしてそのデータ通信方法が単にwifiと呼ばれて親しまれたのです。

 

wifiを使用するためには、wifiに対応したパソコン・スマートフォン。
それと無線LANに接続されたwifiスポットを無料または有料で提供している環境があればインターネットに接続することができます。

 

最近では無料のwifiスポット(フリースポット)を提供しているカフェも多数あります。
また、モバイルwifi(ポケットwifiともよばれる)を使用することで、それ自体をwifiスポットとして持ち運ぶことも可能になりました。

 

ワイモバイル(旧イーモバイル)もポケットwifiです。
参考記事:イーモバイルLTEとWiMAXの違い

 

WiMAXとはwifiよりも新しい無線データ通信規格です。
その為、wifiに比べると対応エリアはまだあまり多いとはいえません。

 

WiMAXを使用するためにはそれを使うための装置が必要になります。
ノートパソコンに最初から搭載されていたり、専用の通信機器として用意する必要があります。

 

しかし新しい規格だけあってデータ通信速度はwifi以上です。
動画や容量の大きいファイルなどをよく通信する人にはうってつけです。